Home GOOD THINGS マウスピース矯正 Zenyum(ゼニュム)で歯並びを整える|Vol.5 マウスピース矯正中の暮らしを快適にするアイデアと便利グッズ|【OLの自己投資】

マウスピース矯正 Zenyum(ゼニュム)で歯並びを整える|Vol.5 マウスピース矯正中の暮らしを快適にするアイデアと便利グッズ|【OLの自己投資】

by おかめ
投稿: 最終更新:

マウスピース矯正のゼニュム(Zenyum)を はじめてしばらく経つ、OLのおかめです

この記事では”マウスピース矯正のある暮らし”をはじめて気づいたコツや、アイデア、快適に暮らすための便利グッズを紹介します。

全て自己流となってますが、 マウスピース矯正のある暮らしが
どんなものなのかリアルにお伝えできればなと思います。

マウスピースの洗浄便利グッズ

ゼニュムでは 10日に一度、新しいマウスピースに交換するので、
そこまで気になりませんがやはり毎日使用すると少々気になる汚れ・ニオイ。

毎回の着脱時に、水洗いと歯ブラシでの洗浄をすればほぼ問題がないのですが
なんかもっと手をかけずにキレイに保てないかなと。

昔ワイヤー矯正をしていたときに、初期段階で取り外しが可能な器具を装着していたことがあるのですが、その時は、入れ歯用洗剤「ポリデント」で洗浄をしていたなと思い出しました。

今回マウスピースの洗浄について調べてみたところ、
Amazonでなんと、入れ歯用ではなく、『マウスピースやリテーナー専用の洗剤』を見つけました。

しかもお安い!

132錠入りと大容量で、Amazonで713円でポチりました!
(今同商品を見ると、セールで500円台になっている(泣))

使用方法はとても簡単。 約150mlの水かぬるま湯にに錠剤を1錠入れ、マウスピースを浸すだけです。

放置時間は5分間でOKで、長時間のつけ置きも不要なので、ゼニュムでも使えます。

ゼニュムスタッフに、このような洗浄剤を使用していいかどうか聞いてみたところ、お風呂の温度の40度くらいまでのお湯の使用であれば問題がないとのこと。

あまり熱湯を使うと、マウスピースが変形してしまうのです。

なので、私は大きめのマグカップにお湯と水を割って、
余裕で指を入れられる温度で錠剤を溶かして使用しています。

しかもこちらの洗浄剤、大容量でコスパがいいのに、安心の「日本製」なのです。

香りもミントで、マウスピースがリフレッシュされた気分になるし、10日間しか装着しないにせよケアができるのは嬉しい。

なくても全然問題なくマウスピース生活ができるのですが、もう少し快適に、気分的にクリーンに過ごしたい方はぜひ、コスパも優れたこちらの洗浄剤がおすすめです。

洗浄前と洗浄後に歯ブラシでマウスピースを掃除すればもう完璧です!

私はマウスピースを交換して、2〜3日目以降に気が向いたら夕食時に使用してます。132個使い切れなくても、マウスピース矯正後のリテーナーに使用できるのでまとめ買いして正解でした。

そして、家にあるマグカップや他の容器でも洗浄剤入れることできますが、マウスピースや入れ歯洗浄専用の容器も売っているので、後々購入するかもです。 これは有名なポリデントのものが安くて使いやすそうでした〜!

洗面所に置いておきたい。家でマウスピースを外すときの保管場所も、今は洗面所にティッシュ置いて保管してますが、定位置できちんとした容器あればいいよな〜と。

あわせて、ポリデントが出している「入れ歯専用の歯ブラシ」が気になります。
マウスピース矯正と入れ歯は形が違いますが、こちらの歯ブラシは細かいところもキレイにお手入れできそう。マウスピースの磨き切れていないところが濁ってきたりするんですよ。(前歯の先っちょの方とか結構難しい)

私は自宅でマウスピースを洗浄する用に歯ブラシを別で用意しているため、
入れ歯用の歯ブラシが気になる!! 次買ってみようと思います。

なくても良いけどあったら便利商品、試してみます!!

外出時の歯磨き快適グッズ

マウスピース矯正中は、外出時も歯磨きが必須です。

携帯歯磨きセットは色々売り出されていますが、とっても工夫された便利な商品を見つけました。

クリニカ の、「 MIGACOT(ミガコット) 」という携帯用歯磨きセットです。
電車の中の広告で見つけました。

こちら一般的な携帯用歯磨きセットと違うのは、下記3ポイントです。
・通気性に優れていること
・うがい用のコップがついていること
・自立すること

カラーも、写真のブラックの他に、グリーンとピンクがありますが、一番無難なブラックがあるのはOLにとって嬉しいです。ユニセックスな感じで良いですね。

中を開けるとこんな感じ。

容器に丁度フィットする、小さめの歯磨き粉がついていて、この筒の中に歯磨きに必要なものが揃います。

付属の歯ブラシは、歯の部分が結構コンパクトなタイプのため、私は磨きづらく感じたので、交換用は別のタイプの歯ブラシに変えて使用します。他社の歯ブラシも収納が可能でした。(太すぎるのはダメかも)

キャップがコップになるため、うがいの時に顔や服がびしょ濡れになることもなく、スマートに歯磨きを済ませられますよ。

毎日持ち歩くので、鞄の中で蒸れたり不衛生になっていないか気になりますが、こちらの歯磨きセットだと通気性に優れているのでいつも清潔な状態で歯ブラシを携帯できます。

透明のケースではなく、中身が一切見えないため、持ち運びの際も歯ブラシが丸見えにならずスマートです。

容器が凝っているので、他の携帯歯ブラシセットより高く感じましたが、機能性が優れているので、買って正解でした。
マウスピース矯正が完了しても、昼食後の歯磨きは続けようと思います。オフィスに適したこの商品考えた人最高です。

探せば雑貨屋さんとかでもう少し良いものがありそうだけど、私的にクリニカのシンプルさと機能性推しです。

マウスピース矯正中も、どうしても温かい飲み物が欠かせない私の解決策

ゼニュムのマウスピースを装着時、基本的に飲み物は「水だけOK」なのですが、
毎日デスクワークのOLの私は、仕事中に温かい飲み物を飲むのがルーティーンになっていまして、、、、

夏も冬も構わず、年中温かい飲み物をデスクに置いているのです

温かい飲み物と言っても、猫舌なので結構冷めてから飲んでます。
なのでマウスピースが変形してしまうほどの温度でもありません。

そして飲み物の種類は、糖分を含まない「ルイボスティー」・「緑茶」・「ほうじ茶」・「ドクダミ茶」などの健康に良さげな飲み物ばかり。(茶渋はしっかり着くかもしれませんが)

最初は水で我慢と思いましたが、、、やっぱり温かい(ぬるい)飲み物が仕事中欲しい!!!気分的には、仕事のパフォーマンスにも支障が出るのでは、、ということで、解決策見つけました。

解決策とはいえ、自己判断でゼニュム的には推奨されない方法なので自己責任で行ってくださいね。

マウスピース矯正中に温かい飲み物を飲みたい時の、解決アイテムはこちら!!

ダイソーで110円で購入した、コーヒースティックです。

こちらの商品、なんとコーヒースティックとしてだけでなく、”温かい飲み物用のストロー”としても使えるのです!これがすごい!!

スティックの断面が8の字になっていて、小さな空洞なのです。

一般的な冷たい飲み物用のストローでは、穴が大きく飲み物がかなりの量入ってきますが、こちらの極細ストローではホットを飲むのに適した量しか入ってこないから火傷することなく飲めます。

マウスピース矯正中は、以前のようにコップやタンブラーから温かい飲み物を直飲みしてしまうと、口全体に液体が広がるため好ましくないかと。

こちらの極細ストローを使用することにより、温かい飲み物をチビチビ飲むことができ、マウスピースと歯の間にお茶が入り込むのを”少しでも”防げると思います。お茶を飲んだ後に、水を続けて飲むことで口内をすすぐともっと安全かと。たまに意識して水を飲んでます。

完全に防ぐとなると、喉とストロー直通にするレベルまで出ないと無理ですね。
マウスピース矯正をしながら、我慢をしすぎることなくノンストレスに過ごすための解決策として、ダイソーのストローを覚えておいてください。

私は今のところ、毎日職場でお茶を飲んでいますが、着色汚れは気になりません。(色が濃ゆい紅茶は控えています)

再度になりますが、ドクターはおすすめしない方法で、自己責任になるのでご注意の上お試しくださいね。

販売場所ですが、ダイソーでも、もしかすると限られた店舗にしか置いていないかもです。私は郊外の大きめのダイソーで見つけることできましたが、近所の小型店舗には置いてませんでした。


業務用になるかもしれませんが、Amazonでも販売していましたのでチェックしてみてください。

マウスピース矯正中でなくても、コーヒーで歯が着色するのを防ぐ目的で、治療後にも使えそうですし、車の運転中や会議中にコーヒや温かい飲み物にも役立ちそう!

このタイプのストローは、かなり昔に韓国に行った時、カフェで温かい飲み物頼んだ時に始めて使って感動したのを覚えています。温かい飲み物を歩きながらでも、少しずつ飲めるので火傷もしないし、便利でした。

特に甘い飲み物の時は、歯に当たる面積が小さくなるので虫歯予防にも効きそう。

ここだけの話。マウスピース矯正中も、
食後に実はホットコーヒー(ブラック)を、ストロー使って飲んでます。

どうしても午後を乗り切るためにカフェインでシャキッとしたくて、、、

マイルールで、ストローがあれば飲んでいいことにしてしまいました。
ただ、糖分が入っているものは絶対にNGです。

できればストロー使って飲んだ後は、水ですすいだり、マウスピース水洗いしたら良いですね。

まとめ

以上いかがでしたでしょうか。

マウスピース矯正中は、飲食時間がどうしても制限されたり、マウスピースの洗浄が必要だったり、と日常に変化が出てきますが、あまり気を張りすぎずに色んなグッズやコツを使って、快適に過ごせればいいな〜と思います。

あまり我慢しすぎるのも良くないですしね。ゼニュムは半年で治療完了することが大半みたいですが、とはいえ半年は短いようでまだまだ長いのです。

快適なマウスピース矯正のある暮らしを送りましょう〜。

これまでいくつか便利グッズをご紹介しましたが、まだ探しているものがあります。
それはホワイトニング用のジェル。良いものあったらぜひ教えてください〜☺️

↓ゼニュムの紹介や、治療について、口コミなどは下記にも記事がございます♪↓

↓この記事から、無料診断を始めると、ゼニュムの治療費が15,000円割引になります↓

*************************

こから無料診断をすると、ゼニュムの治療費が15,000円OFF !

明瞭会計!一律324,500円(税込) のZenyumマウスピース矯正治療費が、15,000 円OFF になるお得なチャンス!

*************************

またゼニュムについて記事更新します!

Leave a Comment