Home 備忘録 【体験談】アップルウォッチの充電が仕事帰り・外出先で切れた話
アップルウォッチの充電が切れた、定期はどうなる

【体験談】アップルウォッチの充電が仕事帰り・外出先で切れた話

by おかめ
投稿: 最終更新:

アップルウォッチ、私は使い始めて2年目になります。

定期も支払いも、基本Apple Watchに頼る日々、、

頼りまくった末に、ついに外出時に充電が切れるという致命的ピンチを経験した時のこと書きます。

やっぱり不測の事態に備えて、電池切れ時のリスク対策は考えておいたほうが安心!!ぜひ万が一のピンチに備えて予習しておいて。

油断していたあの日、Apple Watchの充電が切れた

AppleWatchにお世話になり2年が過ぎ、、そんな時に起こったある日の出来事。

朝から外出〜深夜近くに帰宅し、そのまま速攻で身支度・就寝した日の翌日、
Apple Watchの充電を、いつも通りにシャワー中〜就寝までの間に行いましたが
充電時間が足りなかったようで、翌日の出勤前に充電残量を見ると、30%あるかないかくらいに、、、

「流石にこれはなくなるぞ!!」と、
朝出発前に機転を効かし、AppleWatchの充電コードをカバンに入れていくも、勤務中に充電することを忘れて1日を終えました。

そしてどのタイミングか覚えていませんが、「省電力モード」に切り替える、という案内が出てきて無意識に実行してしまったようです。

定時にApple Watchを見ると、充電は2%。。

おい、これからPASMO定期で帰るんやぞ、、、

もうこれはやばい〜〜 早く電車に乗らないと〜〜 と思いつつも、
その日たまたま買い物のため1時間弱寄り道して、駅に到着。

Apple Watchの電源は、、、ギリギリついている。
電源があるなら、、、確か定期券が使える余力は残してくれると聞いたことがあるなと思い、改札を通ろうとしてみました。

ピンポーン

ピンポーン

2回、AppleWatchの余力を信じて、通過を試みましたが、ダメでした。
ここでやっと、定期券が使えないことがわかったのです。

会社で充電をしなかったことが悔やまれました、、

Apple Watch充電切れ。定期券がどうにかならないか試してみたこと

Apple Watchが省電力モードになっており、電源はかろうじてついているが、定期券(PASMO)が使えないことに気づいた私。

100数十円の電車代でしたが、なんとかしてお金を払わず、
この緊急事態を抜けられないか、3個のことを試してみました。

会社支払いとはいえ、定期代払っていますしね

①Apple Watchに入れていたモバイルPASMOを、iPhoneに戻そうとする

まずは改札出たところすぐで、Apple Watchに入れていたモバイルPASMOを、iPhoneに戻そう!!と考えました。

Apple Watchの充電が切れていても、iPhoneはバッチリ充電が残っていたからです。

Apple Watchに入れていたモバイルPASMOを、iPhoneに戻すには、
iPhoneで「Watch」アプリを開き、「ウォレットとApple Pay」というメニューにいきます。

そこに「WATCH上の支払い用カード」という表示が一番上に出てきますので、「PASMO定期券」をタップ。一番下の方にある「”iPhone”にカードを追加」を押します。

アップルウォッチの充電が切れた、定期はどうなる

しかし、、、

”Apple Watchが近くにありません”的な表示がされ、断念。
どうやらPASMOの移動も、充電がないと行えないようです。

Apple WatchとiPhone間の、PASMOの移動がもっとスムーズにできればいいのに、、と思います(泣)

あんまり融通が効かないみたい。。

②「ウォレットとApple Pay」に出ていた、定期券の中身の詳細を駅員さんに見せてみる

先ほどの、「ウォレットとApple Pay」メニューでは、利用している定期券の区間・PASMOの残高などの詳細が見えました。これで定期をもっていることの証明になる!と思ったのです。

アップルウォッチの充電が切れた、定期はどうなる

「カード概要」の残高の下には通勤定期の区間の表示があり、その先のページに進むと、有効期限などの詳細も分かります。

ということは、、、これを駅員さんに見せると、入れるのでは??!と思い浮かんだ手段。

早速駅の窓口に出向き、駅員さんに、普段使用しているApple Watchの充電切れでモバイルPASMOが使用できなくなったこと・上記のiPhoneアプリ上では定期を使用していることが証明できることを伝え、通してもらえないかと相談。

駅員さん回答: 規則でこのような場合にでも、切符を購入いただくことになっています

はい、こちらの案でもダメでした。

意外とルールが厳しいですねえ。多分不正利用防止のためですかね。仕方がないか(笑)

③駅隣接のショッピング施設にコンセントがないか、探してみる

とてもセコイ方法ですが、駅でどうにかならないことがわかったので、
駅に隣接しているショッピング施設の階段付近やお手洗いにコンセントがないか、探してみることにしました。

多分充電はほんの数分で足りると思ったのです、、

結果:使用できるコンセント皆無!!

そうですよね、当たり前ですよね。
いろんなところのコンセントを無料開放していては、皆に電気を使われて施設的に都合が良くない(笑)

女性お手洗いの鏡付近なら、、と見てみましたが、コンセントはゼロ!
なんならトイレのウォシュレットの電源なら、どうなんだろう??と確認はしてみましたが、使用されないように鉄製ガードが付けられている模様。

充電難民には厳しい世の中ですね(笑)

結局、、スタバで充電(ただし充電コードを持ち歩いている場合に限る)

はい、100数十円の電車代、
これをケチるために考えられる手段を使ってみましたが全敗!!

もうここまで来ると、意地でも電車代を払わない、と腹に決めて
駅隣接のスタバに行くことで着地しました。しっかり充電コンセント付きの席を確保!

この解決策は、Apple Watchの充電コードを持ち歩いている人だけが可能ですね。


普段は全くApple Watchの充電コードを持ち歩かないです

この記事の最後に紹介してますが、非常用のためにも充電グッズ持ち歩いてた方がいいかも

スタバでチャイティー購入で500円弱。


結果的にシンプルに電車代を払うよりも高くつきましたが、ここまで試行錯誤したんなら意地でも電車代を払いたくないという心の方が強かった(笑)しかも、充電コード持ってきてたし!!

しかも仕事帰りのスタバなんてなかなかやらないし、満足。

「会社に帰って充電」なんて選択肢はありませんでした。

実際どれくらい充電すると使えた??

スタバの席に座りましたが、疲れたしApple Watchの充電が溜まり次第すぐに帰りたい。

席について充電を始めてからどのくらいで帰れたかを記録しました。

前提として、私は電車に乗りさえすれば、10分ほどで最寄りの駅に着くので
必要な充電残量はかなりミニマムでOKです。

電車乗車時間が長ければ長いほど、もう少し多めに充電が必要と思いますのでご注意を。

スタバでApple Watchを充電してから帰るまで
  • 18:52
    着席
    アップルウォッチの充電が切れた、定期はどうなる
    これが見た目は充電があるけど、ただの時計となってしまった末期のApple Watch。この画面では見た目、使えそうです時計以外の機能はないので覚悟してください
  • 18:53
    充電を開始
    アップルウォッチの充電が切れた、定期はどうなる
    エネルギー補給中。ああ、なんか安心するわ〜〜
  • 19:00
    Apple Watchが復活!!!
    アップルウォッチの充電が切れた、定期はどうなる
    りんごマークが現れた!!
  • 19:01
    充電10%
    アップルウォッチの充電が切れた、定期はどうなる
    ようやく画面が使えるように!!
  • 19:05
    充電16%
    アップルウォッチの充電が切れた、定期はどうなる
  • 19:06
    充電終了・離席・帰宅🎶🎶

結論、15分程度でApple Watchの充電が、最低限完了したことになります。

意外と早かった??

10%充電できるまでは、すべての機能が使えなくなってしまいます!

まとめ

今回の体験をきっかけに、外出時に携帯できるApple Watch用の充電コード(できれば充電器も)を持っていた方が良いということを痛感しました。

これまで何のリスクにも備えず、過ごせていたのは運が良かったんだと。(自粛であまり遠出・外出しない日々が続いたこともありましたが)

きっと何かがきっかけで、帰宅がかなり深夜になってしまったり、最近ではもうゼロですが朝まで遊んだりして早朝に電車に乗る・なんてことがあった場合に絶対にApple Watchの充電は持ちません。

コロナ明けに飲み会の2次会・3次会などで終電間際に改札を通る際、同じようなことが起きたら最悪です。切符を買うにしてもICカードより時間がかかりますし、終電を逃しかねませんね。。。旅行の機会も増えるはずです。そうあって欲しい。

きっとApple Watchの設定次第で電源の持ちを長くすることが可能と思いますが、私の場合は特に何もしておらず、このままだといつか路頭に迷うこともありそうです。

日中の仕事時間中も、自分用アラームをガンガン活用しているので、機能制限はあまり考えていません。定時に帰りたいアラームで自分へリマインドしてます。

いつか起こるピンチに備えて、充電グッズ揃えておこうと思います。
いやあ、普通〜のなにもない日にこの体験をできてよかった(笑)

Apple Watch 万が一の充電器れに備える おすすめグッズ

ここからは、苦い体験をした私目線でいいなと思う商品を紹介します。
やはりApple Watchn充電コードは独特なので、なかなか持ち歩くことは面倒でしょう。基本的にはずっと家に置いておきたいものです。

万が一の充電器れに備えるためには、モバイルバッテリーの役目も果たすものが一番いいと思います!!

LVFAN Apple Watch用 ワイヤレス充電器 4000mAh モバイルバッテリー 

モバイルバッテリーと一体型で、これさえあれば充電の心配なし。3回フル充電が可能です!!バッグに忍ばせておけば1日がかりの遠出も怖いもの知らずですね。

またケーブルを自分で用意すれば、スマホの充電もできる。充電に対して強気になれそう!!

NEWDERY アップルウォッチ用ワイヤレス充電器 USB-Aポート

モバイルバッテリーはなくとも、最低限充電器さえあれば助かることがあるはず!!

USBタイプなので、どこかしら・誰かしたコンセントに挿す部分を持っているはず、と信じて身軽にコードレスの充電器を持ち運ぶといいかも。

お守り程度になるかもしれませんが、これで事足りることが多そうです!
コンパクトだし見た目も可愛い。旅行用にしてもいいなあ〜

ちなみに、Apple Watchを家で充電するときは、スタンドがあると定位置を作れて便利です。

付属のケーブルだと、いろんなところに飛んでいって散らかって見えがちです、、

Apple Watchスタンドは、ピンからキリまで様々な価格帯がありますが、低収入OLの私はここは節約!ということで100円ショップで発見したスタンドを愛用中。

110円なのに驚くほどずっしりしていて、倒れたりしません。
ダイソーで買えちゃいます。

中に何が入っているんだろう、、、

Leave a Comment