Home GOOD THINGS 雑誌「UNION(ユニオン)」って知ってる?おしゃれインスタグラマーのインテリアに映り込む、あのバイリンガルマガジンを買ってみた。
Union,ユニオン、洋書、インテリア、雑誌、デコレーション

雑誌「UNION(ユニオン)」って知ってる?おしゃれインスタグラマーのインテリアに映り込む、あのバイリンガルマガジンを買ってみた。

by おかめ
投稿: 最終更新:

インスタグラムで時々、見かける「UNION(ユニオン)」という、洋書、見かけたことありませんか?

Union,ユニオン、洋書、インテリア、雑誌、デコレーション

実はこの雑誌、洋書ではなく「日本発の雑誌」なんです!!

今回は持っているだけで、おしゃれ度UPする雑誌「UNION(ユニオン)」について、クローズアップします。

東京発のバイリンガル・ファッションマガジン「UNION(ユニオン)」って?

UNION(ユニオン)の公式HPでは、雑誌についてが下記のように記されています。

The word ‘Union’ can be defined as the state of being joined, united or linked. The magazine takes its name from the concept of creating a beautiful aesthetic together with artists from all over the world. The idea that “Fine Things Are Timeless”, comes from creating content that will remain pleasing after 10, 20 or 50 years. We aim to share the best in photography, art and fashion. Union is published twice yearly, at the end of March and September.

UNION公式HP:https://union-mag.com/about/

って、、、日本発の雑誌なのに全てが英語〜〜〜!笑<

訳します!

”Union”という言葉は、結合している・融合している・団結しているなどという意味を定義することができる。この雑誌は、世界中のアーティストが共に美しいものを作るというコンセプトを元に、名付けられた。 「良いものは時代を越える」という考えで、制作物が10年、20年、50年経っても賞賛されるものを作る。わたしたちの目的は、フォトグラフィー、アート、ファッションの良いものを共有すること。
「Union」は、年に2回、3月と9月の終わりに発行する。

UNION公式HP:https://union-mag.com/about/ 日本語訳:おかめ

ってな感じでしょうか、、。

要するに、「Union」は年に2回発行される雑誌で、世界中のアーティストが集まって制作し、時を超えても愛される写真やアート、ファッションの集大成っていうことですね。

本当に年に2回発行されているかは、正直謎です(笑)発行の詳細は記事の後の方で紹介する、Instagramで確認するのがいちばん良いでしょう。

「UNION(ユニオン)を買ってみた。

「UNION(ユニオン)はどこで買える?

1年ほど前に、 Union#16を、Amazonで定価で購入しました。

Union公式でもオンライン販売していますが、送料370円 (レターパックライト) がかかるので、Amazonプライム愛用されている方は、Amazonで送料無料の購入がおすすめです。

また、Unionは発行されて間も無く立つと、希少価値が高まり、定価で買えなくなる傾向があるみたいです。

昨年、#16が出版されて間も無く購入したので、定価の¥ 2,970で買うことができましたが、今は在庫僅少のため、値段が高騰しています。

Amazonでは、¥7,990~、メルカリでも定価より上乗せの高値で取引されていることが確認できました。

出典:Amazon
出典:メルカリ

2022/2/10に出版されたばかりの、「 Union #17」でしたら定価で販売中ですので、お目当ての号・欲しいと思ったときに定価で購入可能なようでしたらすぐに買ったほうがいいですね。

また、全国の一部店頭でも販売されているので、お近くて取り扱いがあれば直接購入もできます。下記のリンクから、全国のストックリストをチェックしてみてください。(こちらも全て英語です)

とはいえ、店舗での取り扱いも限られていますし、結構大型でずっしりした雑誌なので、オンライン購入の方が便利そうですね。

雑誌ではない、もはや写真集のクオリティ

「UNION」の特徴は、一般的な雑誌と違って、部屋に置くだけでおしゃれなインテリアになる程、書籍としてのクオリティが素晴らしいこと。

”クロス貼りハードカバー”

まず「UNION」を手に取って驚くのが、この表紙の品質!
表紙が布貼りになっていて、しっかりと厚みがあります。”クロス貼りハードカバー”という手法らしいです。

Union,ユニオン、洋書、インテリア、雑誌、デコレーション
クロス貼りハードカバー

一般的な雑誌と違い、ごちゃごちゃと文字もないですし、これはお部屋のインテリアとして一躍買ってくれます。

Union,ユニオン、洋書、インテリア、雑誌、デコレーション
ずっしり厚み!ハードカバー。もはや雑誌ではない、写真集並み。

厚みがしっかりあるので、立てかけて、インテリアに映える!

ずっしりした書籍なので、壁や棚に立てかけやすい
実際に置いてみるとこんな感じです。
ペラペラしていないので、倒れてきません。

Union,ユニオン、洋書、インテリア、雑誌、デコレーション

背表紙部分は「UNION」ロゴでシンプルなので、こっちのアングルでも可愛い。

Union,ユニオン、洋書、インテリア、雑誌、デコレーション

インスタ用の物撮りとかにさりげなく置いてみたり、裏表紙は無地になっているので小物を置いて撮影したりと、使い方は雑誌・インテリア・撮影小物と工夫次第で色々兼ねることができます。

もちろん中身も素晴らしい!!

ここまでインテリアとしてかなり使える品質であるところを、紹介してきましたが
「Union」は表側だけではない、雑誌の内容ももちろん充実しているんです。

カバーのクオリティーも素晴らしかったですが、中のペーパーもしっかりした用紙を使用しており、写真が美しく見えます。

世界中のアーティストが制作した写真を楽しむことができますよ。
このように雑誌の見開き1ページを開けた状態でインテリアにしてもいいかも。

Union,ユニオン、洋書、インテリア、雑誌、デコレーション

一般的な雑誌では、商品広告など多々挟まりますが、「Union」は本当に写真家によるアートのみ!広告なしで、もはや「雑誌」と名乗ることに違和感を感じるほど(笑)

Union,ユニオン、洋書、インテリア、雑誌、デコレーション

中身の文章も全て英語で書かれていますが、ほぼ写真がメインなので、パラパラ見ているだけでインスピレーションをもらえそう。お気にいりのページ・写真を見つけたり、海外の写真家に出会えたり。グローバルな視野が広がるきっかけにも。

冊子が買えなくても、デジタルで楽しめる!

在庫がなくなり、販売終了した号は、電子書籍で購入も可能です。
詳しくは公式オンラインショップへ。https://unionmagazine.myshopify.com/collections/digital-magazines

「UNION」は一体誰が制作している雑誌なの?

「UNION」はクリエィティブディレクターのHiroyuki Kuboさんによって手掛けられている、正真正銘の日本製(PRINTED IN JAPAN)の雑誌です。

めっちゃ洋書に見えるけど、驚くことに、日本発!!

Union,ユニオン、洋書、インテリア、雑誌、デコレーション

ヨーロッパ、アメリカ、韓国、台湾、オーストラリア、タイなど、各国での販売のある、グローバル&バイリンガルマガジンが、日本人によって手掛けられていることはなんだか嬉しいですね。

適当に見た目だけで買ってきた洋書とは訳が違います。
インテリアで置いていても、きちんと背景を知って置いているのと、適当に置いているのとでは違いますよね。

Hiroyuki KuboさんのHPとインスタの写真も素敵なのでチェックしてみてください。

https://www.instagram.com/union_magazine/

「UNION」のインテリア アイデアを紹介

最後に、インスタで見つけた「UNION」の素敵なインテリア活用法を紹介します。
みなさん本当に素敵に写真撮られていて、参考になります。

もっと調べたい方は、Hiroyuki Kuboさんのインスタにタグ付けがたくさんされているので、チェックです! https://www.instagram.com/union_magazine/

物撮りの小物として

インテリアにちょこっと

おわりに

今回は、洋書に見えるけど実は日本初の素敵なバイリンガルマガジン「UNION(ユニオン)」についてご紹介しました。

1冊あるだけで、おしゃれインテリアとしても、写真を見てインスピレーションを得ることにも、物撮り小物としても使えるので、ぜひGETしてみてください。

Leave a Comment