Home GOOD THINGS マウスピース矯正 Zenyum(ゼニュム)で歯並びを整える|Vol.1 Zenyum(ゼニュム)のはじめ方|【OLの自己投資】
Zenyum、ゼニュム、マウスピース矯正、レビュー

マウスピース矯正 Zenyum(ゼニュム)で歯並びを整える|Vol.1 Zenyum(ゼニュム)のはじめ方|【OLの自己投資】

by おかめ
投稿: 最終更新:

こんにちは!おかめです。

私は社会人4年目になり、貯金もボチボチ・完全に親から自立し4年、自己投資にお金をかけ始めました。


例えば、スキルアップのために本を買ったり、クリエィティブスキルの勉強のためにアプリに課金したり、学生時代には買わなかったコスメや美容機器・高額なヘアドライヤーに手を出してみたり、、、一通り社会人3年目までに、自分へ課金してみました☺️

全ての言い訳は”自己投資だから〜〜!”自分にプラスになることには、お金をかけていきたい独身OLです。

ここ最近はマスク生活もあり、なかなか歯をむき出しにして笑うことも控えめですが、豪快に笑っていることが多い&大好きな私。近々訪れる”マスクフリーの生活”に備えて、自己投資のひとつで、「Zenyum(ゼニュム)の マウスピース矯正」を始めることにしました!!

「Zenyum(ゼニュム)」のマススピースとケース。ブランドのキーカラーが効いてて可愛い!

「Zenyum(ゼニュム)」はシンガポール発の、マウスピース矯正ブランドで、日本には2021年冬に上陸したばかりのホットなブランド。

最近いろんなマウスピース矯正が出ているけど、海外で実績のあるブランドであることも決め手!


当ブログでは「Zenyum(ゼニュム)」のマウスピース矯正のレビューを記していきます。今回は第一回目の「Zenyum」の紹介と治療の流れ編です。

*************************

▼このボタンから診断をすると、ゼニュムの治療費が¥15,000 OFF !

明瞭会計で安心!一律324,500円(税込) のZenyumマウスピース矯正治療費が、¥15,000 OFF になるお得なチャンス!

*************************

働くOL、なんでこのタイミングでマウスピース矯正??

歯並びってすんごい大事!
マスクで過ごすこと多くなると、”マスク美人”という言葉があるくらい、口元の印象でその人のイメージが変わるもの。口元、特に歯が綺麗だと、マスクを外した顔に自信が持てると思うんです。


実は、私、小学校高学年〜高校生くらいまで長期にわたり「ワイヤー矯正」をしておりました。 治療前と比べると、かなり改善された私の歯並びですが、出っ歯が治らないままに一旦終了してしまっていたため、もう一回サクッと歯並び整えられないかな〜なんて考えてたんです!

「ワイヤー矯正」には車一台買える分くらいの費用がかかっていると親に聞きました。高校時代に、矯正が終わったタイミングの時、まだ前歯が出ているな〜という印象でしたが、祖母に「ちょっと出てるくらいが可愛い」と、好評だったし矯正前よりかなり歯並び良くなってたので、満足して一旦終わってました〜。

一度「ワイヤー矯正」を終えていながら歯並びが気になり出したのは、歯並びが超絶キレイなボーイフレンドができた時から。ふと写真で見たときに、まるで”入れ歯並み”にキレイなボーイフレンドの歯並びと比較すると、私の歯並びガタついてるな、、、と。

一度気になると、頻繁に歯並びを気にするようになってしまい、コロナのマスク生活中に、サクッと歯並びを改善できないかな〜?軽く考えてちょうど見つけたのが、「Zenyum(ゼニュム)」でした。

「Zenyum(ゼニュム)」って?

Zenyum(ゼニュム)は、シンガポール初の「マウスピース矯正」ブランド。
「Make Asia Smile More」というブランドミッションを持ち、アジア中心に各国に進出しています。

日本へは、2021年の11月に上陸したばかりでかなり新しいサービスだけど、アジア各国では既にメジャーで、シンガポール、香港、マレーシア、台湾、ベトナム、インドネシア、タイ、マカオに進出しています。

日本以外に、世界8拠点で使用されている実績・治療例が多数があるのは、「マウスピース矯正」を選ぶときの安心の判断材料ですね。

そして、東南アジア好きの私は、このバックグラウンドがたまらなく親近感わいた!

「Zenyum」の読み方は「ゼニュム」。マレー語の「Senyum(笑顔)」が由来なんだって〜。HPとか見てて、印象的なブルーのデザインと、スマイルのマークがいろんなところにあるのがカワイイ。

公式HPはこちら▼(下記のリンクからでは後ほどご紹介の15,000円割引が適用されませんのでご注意を)

そして参考までに、アジア各国のゼニュムのインスタグラムアカウントを覗いてみることをオススメします!!日本アカウントよりアカウントの運用歴・上陸してからの時間が長い分もあり、コンテンツがたくさんだし、実際に使用している人の投稿もタグ付けでたくさん見られるので、言語がわからなくても使用のイメージが分かりますよ。

▼参考までに各国のインスタアカウント貼っていきますね。

🇸🇬 Zenyumシンガポール https://www.instagram.com/zenyum.sg/

🇲🇾Zenyumマレーシア https://www.instagram.com/zenyum.my/

🇹🇭Zenyumタイ https://www.instagram.com/zenyum.th/

🇻🇳 Zenyumベトナム https://www.instagram.com/zenyum.vn/

🇮🇩Zenyumインドネシア https://www.instagram.com/zenyum.id/

私的によく、サービス利用や物をオンラインで購入するときに、口コミチェックでインスタ活用してます。Zanyumは日本アカウントが新しそうでしたが、海外ではたくさんの人が利用していることが見られたので安心できそう!と思いました。

東南アジアに旅行、恋しい、、、、

歯列矯正って歯に装置をつけて生活するので、見た目の問題ではネガティブめなイメージだったけど、Zanyum海外インスタアカウントを見ると、みんな楽しそうにマウスピースを付け外ししたり、笑顔でマウスピースと2ショット撮ったりで、楽しそう!!矯正の常識が覆りました。

Zenyum(ゼニュム)の魅力と、選んだ理由

Zenyum(ゼニュム)の魅力は、各国で確かな治療実績があるだけではなく、明瞭な価格設定・少ない通院回数で短期間に歯並びを治せるということ!

安全性と信頼性を踏まえて、
今回私がマウスピース矯正を始めるにあたり決め手になったのは下記の5点が理由です。

Zenyum(ゼニュム)のマウスピース矯正を選んだ理由

理由①一律324,500円(税込)の、分かりやすい価格設定

結構美容系のサービスは、オプション費用など増し増しで料金が高くなっていくイメージでしたが、Zenyum(ゼニュム)はなんと、一律料金324,500円(税込)で治療ができちゃいます!
別途かかる費用は、最初のクリニックで3Dスキャン(精密検査)を行うときだけ。それはZenyum(ゼニュム)にではなく、クリニックに2万円〜2万5千円程度の検査費用がかかります。

もちろんZanyumから、クリニックを紹介してもらうタイミングで、概算の検査費用を教えてもらえます。

そこからのお値段は一律料金に含まれるので、安心して治療を進めていけますね!

ワイヤー矯正では車が買える値段・100万以上はかかっているので、かなり安価に矯正ができる時代になったことに驚きです!


理由②通院回数が最低2回だけ


ワイヤー矯正では本当数えられないくらいの通院をしていましたが、Zenyum(ゼニュム)は最低2回の通院だけで終わります。その代わりオンライン・アプリでしっかりサポートがあるんだって。


働くOLでも時間を気にすることなく始められちゃいます。


理由③ZenyumClear(透明マウスピース)は矯正しているのが目立たない!


マスク生活ですが、ふとした瞬間に目立つ装置はもうつけたくないな〜とワガママな私にもピッタリ!さらに取り外しも可能で虫歯のリスクも軽減してくれるのが安心です(1日20〜22時間の装着は必須) ワイヤー矯正は、歯の表面に直接金属を付けていたので、滑舌が悪くなったり歯磨きに時間がかかったり、、、、しかも痛くて、大変でした。

個人差はあると思いますが、Zenyum(ゼニュム)のマウスピースは痛くないんだって。


理由④治療期間が短い(平均3ヶ月〜15ヶ月)


またまたワイヤー矯正と比べますが、私何年かけて矯正してたんだろう、、、と思い出せないくらい歯科矯正と長い付き合いでした。青春時代全部矯正歯科通いしてたみたい。。。Zenyum(ゼニュム)は短期間で治療が終わるのが嬉しいですね!


理由⑤最初は無料診断からはじめられる!しかもスマホで5分で完了!


Zenyum(ゼニュム)の治療が自分に適しているかどうかの、最初の診断は完全無料!しかもスマホで笑顔の写真を送るだけで5分くらいで完了しちゃいます。

しかも、このタイミングで、ゼニュムに関する質問をすることも可能!私も治療・ワイヤー矯正後の治療について不明点がありましたが、親身なスタッフさんに相談にのってもらいました。しかもスタッフさんもゼニュムで歯科矯正中で、かなり説得力あります!

送った写真を歯科医師が確認し、ゼニュムの矯正治療に適しているかどうかを判断した後、クリニックで3Dスキャン(精密検査)にいく流れになります。

Zenyum(ゼニュム)で矯正を始めるには、無料診断からスタートです。


ゼニュムが適しているかどうか、簡単に調べることができるので、気軽に試してみてはいかが?

*************************

▼このボタンから診断をすると、ゼニュムの治療費が¥15,000 OFF !

当ブログから、Zenyumの無料診断を開始すると、【治療費が¥15,000 OFF になる特別割引クーポン】をいただきました。ぜひご活用ください。

*************************

治療費¥15,000 OFFは嬉しい!

Zenyum(ゼニュム)でマウスピース矯正をはじめよう

さてここからは、Zenyum(ゼニュム)でどうやってマウスピース矯正をはじめるのか、流れを説明していきます。

私は今、②のクリニックでの精密検査を終えたところで、治療計画を待っているところです

→クリニックでの記事はこちら

Zenyum(ゼニュム)治療のながれ

① 事前検査
*費用:無料

Zenyum(ゼニュム)の治療が自分に適しているかどうか、写真を送るだけの無料診断行います。
結果が届くまでは2〜3日間です。待っている間にLINEで矯正の相談や質問ができますよ♪

*************************
↓ここから診断をすると治療費が
¥15,000割引! ↓

Zenyum(ゼニュム)無料診断をする(所要時間5分)
*************************

②(1回目の通院)クリニックでの精密検査・診療
*費用:2万円程

Zenyumから案内・予約をしてもらった「クリニック(歯医者さん)」で、3Dスキャン、X線検査、全口検査をし、マウスピース作成のデータをとります。

*この時に、Zenyum治療にあたる「同意書」にサインします

③治療計画の確認とお支払い

診察を元にした3Dシミュレーション(治療計画)が届きます。歯並びの動きが3Dで見られるのが楽しみ!

*このタイミングで「IPR(歯の研磨処理)」という歯に髪の毛くらいの隙間を作るかどうか、立体的にねじるような歯の動きに必要な「アタッチメント」を装着する必要があるかどうか分かります。(2つともZenyumの一律料金に含まれ、最初の歯医者さんで処置するのでご安心を!)
*Zenyumの治療費を支払うか、治療を続けるかどうか判断する。

④(2回目の通院)クリニックでZenyumマウスピースを受け取る。

ZenyumClear(透明マウスピース)を受け取り、付け方を教えてもらう。そして「IPR」と「アタッチメント」が必要な方は処置を行う(処置が必要なのは全体の患者さんの30%〜40%くらいなんだって)。歯の寿命や健康には害のない処置&一律料金に込みの値段なのでダブルで安心を。

⑤ついに治療スタート!(最大200日間)

マウスピース矯正の暮らしが始まります。

*開始日は自分で調整できるんだって。私は大きめの旅行を控えているので、その期間が終わってからスタートしようと思います。
*マウスピースは10日に1回新しいものに交換して、最大で20枚届くんだって。私は何枚届くのかワクワクです!
*治療期間はアプリで進行を管理できるのが便利!治療中の相談などもサポート体制がしっかりしているからオンラインでほぼ完結する治療になるけど、いざとなった時も安心ですね。

⑥治療完了

リテーナーという歯並び維持の装置を使うかどうか選択できます。

ほぼ自宅で歯の矯正が完了しちゃう!

マウスピース矯正が始まるのが楽しみで、新しいトラベル歯ブラシセット買ったりと、準備を進めてます(笑)

まとめ

歯科矯正を始めるには、手間もお金も、見た目の印象への影響も、色々と懸念点があったのは昔の話。

今は、「Zenyum」のマウスピース矯正で、手軽に矯正ができるようになってます!

歯並びの矯正は大人になってからでも十分間に合いますし、歯は一生物な上、人の印象を左右する大事なパートと思いますので、歯並びを良くすることがQOL向上になると考えています。

実際私は歯並びを一度、ワイヤー矯正で治していますが、本当にやっていてよかったと思っています。矯正なしの歯ではコンプレックスであまり歯を出して笑えていなかったかもしれません。

歯並びを整えたことで、歯磨きもしやすく・食べ物も挟まりにくくなったのでメンテナンスも楽になりました。
これから始めるZanyumでもっと歯並びをキレイに整えていきます。

今回は、Zenyum(ゼニュム)で”人生二度目の歯列矯正”を始めることになりましたが、Zenyumのインスタ(特に海外)を見ているとなんだかマウスピースのある生活が楽しみになってきてます!

当ブログでは、Zenyum(ゼニュム)マウスピース矯正の記録をひきつづき更新していきます。

関連記事はコチラ▼

↓この下のタグからも関連記事に飛べます!随時更新してますのでご検討中の方参考にご覧ください〜♪

Leave a Comment